• サクサクのヒミツ
  • おいしいりんごの見分け方
  • ポテトチップとくらべると
  • こ〜んな食べ方も
  • メールマガジン
  • 会員限定商品

ご注文はネットからのほかに電話・ワックスからでもお受けしております。TEL:0172-39-6535、FAX:0172-39-6544 FAX用紙を印刷

※お電話・FAXからのご注文の際はポイント対象外となります。

<8月の営業日>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

<9月の営業日>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

土/日/祝日は休業させて頂いておりますので、メールの対応・発送業務は休業しております。

ご利用いただけるクレジットカード:JCB、VISA、MasterCard、DC、UC、MC、SAISON、DinersClub、Nicos:カード決済のほかに、郵便振替・銀行振り込み・代引き・コンビニでも決済が可能です。



<クロネコペイメント>


<荷物のお問い合わせ>



サクサクのヒミツ/リンゴの選定と製法

ヒミツは『減圧フライ』という特殊製法にあり

アップルスナックの製造は、りんごを選ぶという作業から始まります。
どんな素晴らしい加工方法を用いても、原料である一個一個のりんごの持つおいしさが損なわれていては、おいしい商品はできません。
私たちの製法は、いかにして原料であるりんごにダメージを与えずに乾燥させる事ができるかを考えぬいた結果できたものです。

写真:減圧フライ製法『減圧フライ』という製法とは

原理はかんたんです。
気圧を低くした機械の中で、りんごに含まれている水分をなるべく低い温度で蒸発させます。

その機械を我々はフライヤーと呼び、水分を蒸発させる為の熱つまりエネルギーを、熱した油により供給する事それは広い意味でのフライと言えます。

気圧を低くしたフライヤーでフライする。これが減圧フライ[またはバキュームフライ]と呼ばれている製法です。気圧を低くする事により、水の沸騰する温度が下がり、りんごが焦げないうちにサクサクになるのです。

ではなぜ油を使うのか?

  1. 油は液体で、液体はすべての面に均一に熱を伝える事ができます。 つまり、スライスされたりんごを何キロか、ごっそり油に入れたとしても、油の中でそのりんごはバラバラになり、どのりんごのスライスにも、またそのスライスのどの面にも同じ油の同じ温度がかかるからです。
  2. 気圧が低い中では、水は摂氏100度以下で蒸発します。つまり、言い方を変えると、気圧が低い中では水は摂氏100度以上になれないという事です。しかし、そのような状況においても、油は希望する温度(摂氏100度以上にでも)に操作する事ができます。
    気圧をかなり低くし、りんごに含まれる水分がその気圧相当の低い温度で蒸発出来る様な状況を作ってやり、その中で油による高い温度をりんごに与える。これにより、ほんの短い時間でスライスされた生のりんごがサクサクのアップルスナックに変身します。

他にも「おいしく」のためにこんなことをしています

りんごの酸化による褐変を防ぐため、従来はビタミンCを使用していましたが、平成14年より製造工程を工夫することにより、ビタミンCなどの酸化防止剤を使用する必要がなくなりました。現在、酸化防止剤やその他添加物等は一切使用しておりませんので、よりおいしく、より安全に、青森県産りんご100%のアップルスナックをお楽しみいただけます。

チップスが柔かくなる事の防止を最大の目的として、りんごのスライスをコーンシロップ溶液に浸漬させています。但し、シロップの甘さがりんご本来の味をじゃましない様、水で最大限薄めて使用しています。