雄島【oshima】 総合の頁 | 安島の頁
安島

  源(明智)光秀 詩碑 雄島の神社の脇に立つ詩碑

 神島鎮祠雅興催 扁舟棹処上瑤台

 蓬瀛休向外尋去 萬里雲遥浪作堆




 [---注釈---]

 神さびた島の宮居のみやびやかな趣きにさそわれ、我は小舟に棹さし立派な仙宮に参ることができた。
 ここに参れば昔いわれた神さまや仙人が住んでいられると伝えられる蓬莱瀛洲の地を尋ねる必要もない。
 なぜなら捜しに行っても萬里の雲路遥かに遠く海も浪が堆高いである。
「だから即ちこの神島がその仙山であるからだ」と雄島のみやびを称えて中国の伝記になぞらえ気高く表現された句であると思います。うべなるかな。


  光秀の参拝について

 光秀が嘗て戦国の武将 朝倉義景の家中の人として一乗谷の館に滞在中、偶々詩僧 園阿尚人に伴われて当社を訪れ四囲の景色を楽しみ一日雄島に遊ぶ。
 その夜に神主 治部大輔の社家に泊まり、三人で百韻の連歌を試みたと伝えられています。
 その後、年を経て天保三年に土地の住人 田中重教氏がこの句を建て後世にと残されたものの、永年の浜風に風化磨滅し破損せるを惜しんで小樽市在住 札場喜代造が之を寄進再建したのであります。



雄島【oshima】 総合の頁 | 安島の頁
安島

echizen_oshima@n24.net
Copyright (C) 2001 大湊神社 All rights reserved.